歯肉炎の原因はストレスかも?チェック項目をまとめました

ストレスで歯肉炎?症状と原因に着目してみました!

歯医者について知る

歯肉炎・歯周病どちらも身近な言葉ですが、かかってしまうとどうなるのか分かっている方はそんなに多くありません。 口腔内の健康を維持する為に、歯周病や歯肉炎のメカニズムを知ってみませんか?根本的な原因が分かればケアもしやすくなり、必要以上に恐れる事がなくなります。

人はなぜストレスを感じてしまうのか?

「ストレスが溜まっている」「ストレスが原因で」といった言葉はよく聞きますが、ストレスとは一体何でしょうか? 語源はもちろんの事、人はストレスを感じるとどうなってしまうのか?について公開しています。歯肉炎との関連性についても深く掘り下げています。

おすすめリンク

歯肉炎と歯周病は何が違う?

世界的に見て日本の歯医者事情は遅れを取っているといわれていて、特に審美的な治療はほとんど保険適用外なので「日本人の歯は汚い」といわれるケースもあります。そんな特殊な国内の状況ですが、歯医者の数はとても多いです。コンビニと同じ数立地しているとも言われているので、歯医者選びに迷ってしまう場合も珍しくありません。

ちなみに歯医者で出来る事といえば虫歯治療です。ミュータンス菌が出す酸によって歯のエナメル質は溶けてしまい穴が空いてしまう。その穴には神経が通っているので少しの刺激でも痛みを感じるのが虫歯です。この虫歯は長い人類の歴史と共に歩んできたといっても良いほど、大昔から存在しています。歯医者では虫歯治療だけでは無く歯周病や矯正歯科、口腔外科など様々な治療を施しています。診療科目は歯医者によっても違いますし、治療方法も全く違うので選び方を間違えると思った治療が受けられないケースもあります。

そんな歯医者が近年着目しているのが歯肉炎を含む口腔内のトラブルです。歯肉炎は虫歯ではなく歯茎のトラブルで、見た目にも分かりにくいのが難点です。また歯肉炎はストレスによっても悪化するとデータが残っていて、その状況について深く掘り下げています。

今から予防を考えている方はもちろんですが、既に歯肉炎になってしまっている方にも役立つ情報を公開しているので参考にしてみて下さい。自分で出来るセルケアも公開しているので、今日からやってみましょう。

歯肉炎を治療する方法

少し前から歯茎が赤く、腫れている様な感じがする。これは歯肉炎になっている可能性があります。 初期の段階ではセルフケアで改善しますが、どうしても治らない場合は歯医者での治療となります。どんな治療方法があるのか、予防の為には何をすべきなのかをお教えします。

TOPへ戻る